リコオジ
店舗工事Store ウッドデッキWood Deck リノベーションRenovation 施工事例Our Works

エイジング塗装な話

木を加工するのが、本当に好きでして。
切ったり削ったりしていくとピカピカにもなるし、味わいのある古い質感を出すこともできる。

その、古い質感=「エイジング塗装」をリコオジの味といいますか、得意技にしたいなと思って試行錯誤中です。

今度、お仕事させていただくことになっている雑貨屋さんにある棚が、超好みでして!


これ、古い木ではなくて、新しい木を加工したんだそうです。
色合いも経年劣化によるものとしか、見えない!
とある業者さんの手による技術なんですが、残念ながら今のところリコオジではこの技術はありません。

この自然な割れも、加工して造ってるそうなんですが、すごい技術です!

こういう古びた木材というのがすごい好きで、かなり前からあれこれと試してはいるんですが、どうも【やりました感】が否めない。
雑貨屋さんだけじゃなくて、居酒屋さんとかBarとか洋服屋さんとか、こういう好みの方で「自分の店もこんな風に作りたい!」と思われる方も多いと思うんですよね。

店舗だけじゃなくて、お家の棚もこんな感じの質感で作りたいと思っておられるお客様もおられるのでは。

そこで「いや、うちではできないんです」というのは、お客様をガッカリさせてしまう。それは、自分のポリシーに反することなので、”できません”で終わらせるワケにはいかない。

なので、これに負けないぐらいのエイジング塗装・加工の技術を開発していこう‼

と、11月の寒くなってきた空に誓いました。

 
2021.07.24ウッドデッキ

視線を遮るウッドフェンス/神戸市須磨区

丸見えはちょっと・・・ せっかく広いお庭があるのに、道を歩く人からの視線が気になって・・・というお客様。プライベート空間なのに、落ち着かないですよね。そんな経緯から、ウッドフェンスを施工させていただくことになりました。 土間に穴を掘って、柱を埋め込んでいきます。埋め込み深さは30cm以上になります。柱が垂直・水平になるように、しっかりと固定していきます。 柱のポジションが決まったら、モルタルで強固に固定。これで強風にも耐えることができます!大工といえども、これ...[続きを読む]

丸見えはちょっと・・・ せっかく広いお庭があるのに、道を歩く人からの視線が気になって・・・というお客様。プライベート空間なのに、落ち着かないですよね。そんな経緯から、ウッドフェンスを施工させて...[続きを読む]

丸見えはちょっと・・・ せっかく広いお庭があるのに、道を歩く人からの視線が気になって・・・というお客様。プライベ...[続きを読む]

 
2020.02.22お家リノベーション

犬にも優しい増築工事 / 神戸市東灘区

虫が嫌い 仲良しのお施主さんなんで、あえて顔出しさせて頂いております。 「虫がとにかく大っ嫌い!」というご主人。 蚊の一匹も許されないというので、当初はウッドデッキの周りを壁にしてほしいとのご依頼。 しかし、「床板の間からゴキブリが入るんじゃないか」などの心配も発生してきたりして生半可なことでは解決できないということで、いっそのことプライベートルームを兼ねた増築工事にすることとなりました。 手加工 まずは、ウッドデッキとテラス屋根を解体して、基礎工事まで。 &nbs...[続きを読む]

虫が嫌い 仲良しのお施主さんなんで、あえて顔出しさせて頂いております。 「虫がとにかく大っ嫌い!」というご主人。 蚊の一匹も許されないというので、当初はウッドデッキの周りを壁にしてほ...[続きを読む]

虫が嫌い 仲良しのお施主さんなんで、あえて顔出しさせて頂いております。 「虫がとにかく大っ嫌い!」という...[続きを読む]

 
2020.11.12ウッドデッキ

ウッドデッキ材の変色 /『白銀化』って何?

無垢材でウッドデッキを造るにあたりまして、避けては通れないのが「経年劣化」による、木材の色落ちがあります。出来上がった当初は茶色いよくみる木材色なんですが、日光に照らされ、雨風にさらされているうちに、徐々に色が変わってきます。 イタウバなどのハードウッドの場合も、腐食はしないものの色の変化はあります。一般の木材の場合、リコオジでは『オスモ』で色を付けますので、定期的なメンテナンスにより、その都度色を取り戻すことは可能ですが。 ハードウッドの場合、お客様のご希望がない限りは塗装しない...[続きを読む]

無垢材でウッドデッキを造るにあたりまして、避けては通れないのが「経年劣化」による、木材の色落ちがあります。出来上がった当初は茶色いよくみる木材色なんですが、日光に照らされ、雨風にさらされているうちに...[続きを読む]

無垢材でウッドデッキを造るにあたりまして、避けては通れないのが「経年劣化」による、木材の色落ちがあります。出来上がった...[続きを読む]

相談&お問い合わせフォーム

ご質問やご相談いつでもお待ちいたしております。

出来る限り早くご返信できるように努めさせていただいております。

小さな事でもお気軽に相談下さいませ。

お電話の方はこちらからお問い合わせください。

078-798-5255

名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号
メッセージ本文

ページ先頭へ

Lico Oji

リコオジ

〒655-0861 兵庫県神戸市垂水区下畑町 内入田777-1
TEL:078-798-5255